読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はくそ

心が貧しい

立岩真也『私的所有論 第2版』目次

私的所有論

私的所有論第2版 目次


(第2版序)

第1章 私的所有という主題
1. 私的所有という主題
2. 主題が置かれている環境

第2章 私的所有の無根拠と根拠
1. 所有という問題
2. 自己制御→自己所有の論理
3. 効果による正当化と正当化の不可能性
4. 正当化の不可能性

第3章 批判はどこまで行けているか
1. 自己決定の条件
2. 公平という視点
3. 交換と贈与について

第4章 他者
1. 他者という存在
2. 境界
3. 自己決定
4. 技術について
5. 生殖技術について

第5章 線引き問題という問題
1. 自己決定能力は他者であることの条件ではない
2. 線はないが線は引かれる
3. 人間/非人間という境界
4. はじまりという境界

第6章 個体への政治
1. 非関与・均一の関与
2. 主体化
3. 性能への介入
4. 戦略の複綜

第7章 代わりの道と行き止まり
1. 別の因果
2. 不可知による連帯
3. 抵抗としての自由
4. より「根底的」な批判
5. 行き止まりを通り抜ける

第8章 能力主義を否定する能力主義の肯定
1. 問い
2. I〈私が作ったものが私である〉の否定
3. II〈能力に応じた分配〉の否定+肯定
4. III〈能力しか評価してはならない〉の肯定
5. 結論と応用問題への回答と解けない問題

第9章 正しい優生学とつきあう
1. 出生前診断
2. 女性の「自己決定」という設定の錯誤
3. 「当事者」の不在
4. なぜ私達は行うのか
5. 何がなされうるだろうか
6. 積極的優生について
7. 引き受けないこと

ごく単純な基本・確かに不確かな境界――第2版補章・1――
1. 単純な批判と基本的な位置
2. 人に纏わる境界
3. 人に対する人
4. 人に纏わるもの・世界
5. 分けられるものの分け方

いきさつ・それから――第2版補章・2――
1. なりゆき
2. その後